<< i GO終了 | main | EARTH VS MYBLUES >>

スポンサーサイト

  • 2017.04.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


チェインギャング

2/1の朝、僕の好きな女性タレントが今回の人質事件に対し、「胸が苦しい。悲しい。」などとツイートしていたのに、その日の夜には普通の自撮りツイートをしていることに違和感を感じつつも、この先の人生で降りかかるであろう数多の悲しみを乗り越えるためには、しっかり胸に刻みながらもどこかで線を引かなければならないことなのだと、歯を食いしばり、拳を握り締めながら考えています。

一回目の動画が投稿されて以来、一人でいる時はずっとこの事件の行く末を案じていました。
仕事の休憩になる度にツイッターを開き、「後藤」で検索し、いろんな人のツイートを見て、この事件の捉え方が多様であることも知りました。

僕は政治的な意見をツイッターで言うことができません。
僕の仲間の中には公には出さずとも、様々な意見を持っている人がいるはずです。
その人たちに直接話をするわけでもなく、ツイッターの短い文面だけで何かを判断されるのがこわいからです。
実際僕も、友達のちょっとしたツイートで、その人を信用できなくなったり嫌悪感を抱いたりすることがあります。
言ってみれば文頭に書いたタレントの件もそうです。

僕は弱いです。
だからいつも相手の顔色を伺いながら議論します。それでも最後に自分の思っていることを少しでも理解してもらえればという進め方が、弱い自分にできる今のところの最良の方法です。

昌吾やふっきーとも最近はそういう話をする機会がたまにあります。
僕がそういう話を仕掛けようとする空気に気付いてくれるし、それを二人は受け入れてくれます。

熱い話ができないというのは日本の国民性なのでしょうか。
日常から友達同士でそういう話をしなければいけない。これはとても勇気のいることですが、そんな時代が確実に来ていると思います。

ちょっとまだ普通の気持ちで日常を過ごす自信はないですが、ここで憎しみを増幅させるのではなく、人を愛するってことをしっかりとつかまえたいと思います。

スポンサーサイト

  • 2017.04.29 Saturday
  • -
  • 14:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM